ゴルフのルーティーンの重要性について

ゴルフで一つの動作を行うときにルーティーンが非常に大切になります。

ルーティーンが大切な理由としては一つの動作や一発勝負と言うときに失敗せずに、確実に成功させる。そのためには、キッチリとルーティーンを行い、いつもと同じイメージで動作を行う事が、成功させるカギとなるからです。ゴルフの1回のスイングだけを取ったら、長くても10秒でルーティーンを入れても長くて1分弱で、9ホール、ハーフラウンドして2時間30分で50回スイングした、打球を打ったとしても50分とすると、残り1時間40分は、移動か他のメンバーのショットを見ているかです。

なので自分のショットの順番が来たときに、間違いなくいつもと同じようにスイングするために、ルーティーンが必要になります。通常のラウンドでは、自分の順番が来るまでは、他のメンバーのショットを見たり、ボールの方向を確認したり、カートの運転をしたりと自分の事はなかなかできません。

初心者は自分のショットの順番が回ってきたときに、いかに冷静に、いつも通りに、一発勝負ができるかが大切なのです。