ゴルフのロブショットについて

ゴルフをしている方なら、一度は試してみたいと思ったことがある技術のひとつがロブショットがあります。

ロブショットとは、ボールの勢いをそぎ落とし、落ちた場所にボールを止めるアプローチショットです。スピンではなく高さでボールを止める打ち方です。一般アマチュアゴルファーがスコアアップを目指すラウンドの中でロブショットは不要な技術だと思います。ロブショットを使用して、ピンに絡めていくよりも、手堅くグリーン上に載せていくことのほうが、スコアを崩すことなく済むからです。

ラウンド回数を積み重ねていくと、高度な技術を挑戦してみたくなるもので、ゴルフの楽しさは、スコアという結果を高めていくことが最良な要素ではあります。それ以外にも多くの楽しさを味わえる要素があるもので、そんな要素のひとつが高度な技術に挑戦していくこと、習得していくことと言えます。

どんな感覚でスイングするのかやどんなイメージでボールと向き合うのかなど、フィーリングをしっかりとイメージできるかどうかが、ロブショットの成否を分けるポイントです。