ゴルフのもっとライトな楽しみ方

様々なスポーツを、観戦、または実際にプレイするにあたりその拘束時間は大きなポイントになります。

特にゴルフは移動時間を抜いたとしても5時間近くはかかるスポーツです。

この障害、課題によってなかなかゴルフに踏み切れない方々も多いのではないでしょうか。

この問題は個人的にはもっと取り上げられ。さらに解決策を練っていくべきだと思います。

実際に移動時間が少なく、ハーフで回れるようなゴルフ場、または18ホールより短い単位で勝敗を分けるゴルフ競技などがあれば、間違いなくゴルフの世界にファンとしてプレイヤーとして入ってきてくれる人口は増えてくるはずです。

特に日本はゴルフが敷居が高いスポーツだと未だに先入観を持っている方が多い以上、こうした取り組みをすればするほど効果は高いのではないかと思います。

ここ数年、スポーツはさらにスピードを求めるものが増えている以上、世界的にも今は大きな分岐点になっていると予測されます。