ゴルフ場でキャディさんへの心付けをどう考えるか

海外旅行をされた際、ホテルのベッドメイキングにチップを置いたり、レストランでウエイトレスさんへチップを渡す慣習があるのは皆さん良くご存知だと思います。

日本国内の旅館などに宿泊される場合でも担当される仲居さんへ心付けを渡すこともあろうかと思います。では、ゴルフのラウンドの際に付いてくれたキャディさんへはどうされていますか?。ゴルフ初心者ほど、このキャディさんへの心付けに関して良く分からないものだと思います。

キャディ付きのラウンドの場合、「キャディフィー」も支払うことになるので、「気にしなくて良い」と考えるのが普通なのかも知れませんが、ベテランのゴルファーとラウンドを共にした際に、キャディさんへさり気なく心付けを渡されている姿を見ると「あぁ、そうゆうものなのか…」と思わされたりするものです。実際ゴルフ場でキャディ付きでラウンドする際には、キャディさんへ心付けを渡されることが一つの慣習としてあるのは確かです。しかし逆に、ゴルフ場によってはそんな慣習を良いものと捉えず「キャディへの心付けは固くお断りします」と表示されていることもあるのも確かです。

~キャディさんへの心付けの金額は?~
ベテランゴルファーの先輩方とラウンドされる際には「お任せ」してしまえば良いのでしょうが、慣れない初心者同士の場合は「どれくらい渡せば良いのだろう?」と悩んでしまいますよね。金額としては1,000円~多くても5,000円程度で十分です。一緒にラウンドされる方々で割り勘されれば良いと思います。日本のゴルフ場のキャディさんは海外と異なり心付け(チップ)を見込んだ給与にはなっていません。慣習として、「色々手間掛けてしまったなぁ」の気持ちの表れとして考えれば良いと思います。

~チップ以外の心付け~
現在は、「心付けを受け取らない様に」とキャディさんに指導されているゴルフ場も多いです。でも、1日一緒にラウンドで付いてくれるキャディさんも「一緒に頑張る一員」の感覚になることは間違いありません。
感謝の気持ちを表すことは、「現金」だけではない筈です。売店でペットボトルのお茶を1本、暑い時期には冷たいものを寒い時には温かいものを買って手渡すことでも良いと思います。