ゴルフのインテンショナルショット

ゴルフをはじめてすぐの頃には、真っすぐなボールが打てるものかと試行錯誤を繰り返すものですが、上級者になればわざとボールを曲げる技術であるインテンショナルショットが重要になってきます。

インテンショナルにボールを曲げるというと目の前に障害物があって真っすぐ狙えない時などのやむを得ず使う技術と初心者は考えがちですが、インテンショナルショットの用途はそれだけではないです。右にOBのあるホールでは、フェアウェイの右端を狙ってフックするボールを打てば、高確率でOBを回避でき、ピンがグリーンの右端にある場合、グリーンのセンターからスライスする球で狙えば、安全にグリーンをとらえつつ、カップに近づけることができます。インテンショナルショットを使いこなすことで、時に無用なリスクを回避し、時には積極果敢にバーディを狙う事が出来るという事です。

また、フックボールは飛距離が出やすく、スライスボールは飛距離が落ちやすいことを利用して、インテンショナルショットで微妙な距離のコントロールをすることもあります。