ゴルフのウォーターハザードについて

ゴルフで打ったボールが池に入ってしまうことで発生するペナルティをウォーターハザードと言います。

この場合は1打罰で元の場所から打ち直します。また1打罰でハザードの区域を最後に横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上にドロップして続けます。例えばコースの右側全部が池などの場合、最後に横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上に戻ろうとするととんでもなく遠い場所にしかドロップできるところがない、ということがあります。

そのため、円滑なプレーを進めるために救済措置を増やしたものをラテラルウォーターハザードと言います。具体的には、通常のウォーターハザード時にボールをドロップする場所以外に、ボ-ルが入った地点からクラブ2本分以内の範囲にドロップできます。ボールが落ちた場所が川の場合は、ボールが落ちた場所の対岸の2クラブの範囲内にもドロップできます。

ゴルフのホールではボールが池に落ちる事が多いのでルールは確認しておくことが肝要です。