ゴルフは一般的にはスポーツとして扱われる

ゴルフというのは以前からスポーツかスポーツではないのかという意見があり、物議を醸す時もあります。 

私自身も上手ではないが素人的にゴルフを楽しむし、会社の仲間もおります。 

従って、月に一度くらいのコルフ会がありますが、何れもそれ程競争意識はないし、上手は上手なりに下手はヘタなりに、言い換えればベテランや初心者といったハンディが納得のうちに存在します。 

従って、和気藹々のうちでのんびりと行いますので、果たして此れがスポーツかなと言う感じがしないでもありません。 

其れにゴルフというのはノンビリ整備された芝生のようなところを歩くだけで、所謂、激しいような動きが無く、そして、其処にただ置いてある球(ボール)を打つのであり、又、検診の時によく医者に言われる言葉に、「運動、スポーツはやりますか」と聞かれたときに、「ええと、そう言えばゴルフぐらいですね」というと、医者は「それじゃ運動不足かもしてませんね」とも言われるのです。 

でも、ゴルフというのはやっぱりスポーツの分野に入るのですね。

これは、個人的にはスポーツとしての疑問はありますが、ただ世間的にはゴルフの用品などは一般的にはスポーツ店やスポーツコーナーで売られていますし、プロゴルフの結果などを放送するするときはスポーツニュースとして放送されますね。 

それに、WEB上の分類でもゴルフはカテゴリーはスポーツとして扱われています。 

そんなことと、やはり個人的にもノンビリ9ホール回っただけで結構汗もかきますし、何より点数によって結果が表されますのでやはりスポーツですよね。