ゴルフのドライバーの打ち方について

全てのコースは18コースで形成されていますが、ティーグラウンドで一番多く握るクラブはドライバーです。

朝のドライバーショットで失敗すると1日のラウンドを崩してしまう事があるので、打ち方をマスターして得意クラブと身につける事肝要です。

ドライバーは、ボールを打つ時に体重移動をしながらエネルギーをインパクトに集中させる事が重要です。

ドライバーの目的としては、少しでも遠くまで飛ばす事が必要だからです。

ドライバーショットマスターする事で、ティーショットから安定したゴルフを行う事が出来ます。

ドライバーをマスターする為には、練習を欠かさず行う事が大切です。

基本に忠実に行えば、大抵のゴルファーはドライバーを自在に打つ事が出来ます。

基本の練習が大事で、スライスやフック、プッシュアウトというミスショットが多くなってしまうのを防ぐ為に、基本に忠実に練習が必要です。ドライバーを打てるようになれば、飛距離が出てまっすぐ飛ばせる事でゴルフがとても面白く感じる事が出来ます。