長尺ドライバーの魅力と特徴について

ドライバーの種類として長尺ドライバーがあります。

長尺ドライバーはミート率が落ちると言われていて、長いシャフトになるとそれだけヘッドスピードも上がりやすくなるので、クラブコントロールするのも難しくなります。

長尺ドライバーを使いこなすためにはテンポを変えることです。

長尺ドライバーを打ちこなしている人は、ゆったりとしたテンポで打っている方が多いという特徴があります。

シャフトが長くなる分、ヘッドを加速させるのには時間がかかります。

打ち急いでしまうと逆に振り遅れてしまう事が多くなります。

長尺ドライバーのボールと位置は、シャフトが長くなるので、通常のドライバーのボールの位置よりもボール半分程度左に置く事が良いとされます。

長尺ドライバーに変えてドライバーが打てなくなったのであれば、重心や重量、フェース角などをチェックして見る事が大事です。

長尺ドライバーは、満足のいく飛距離を出す事が可能になるために長尺ドライバーに挑戦して見る価値はあります。